ホーム >> 暮らしトップページ >> 生活 >> 防災 >> 【R元年度】各町内会などで防災訓練が実施されております。
【R元年度】各町内会などで防災訓練が実施されております。

各町内会で防災訓練を実施しよう!

 平成28年3月の「町地域防災計画」の全部修正に伴い、町では各町内会ごとに「自主防災組織」の立上げをお願いしております。これまで、71町内会中23町内会で「自主防災組織」の規約を整備し組織が立ち上がっており、現在準備中の町内会も複数ございます(令和元年6月24日現在)。各「自主防災組織」等では、年に1回程度さまざまな訓練を実施しており、その一例を以下にご紹介いたします。

【自主防災組織等の防災活動を支援する助成金(2万円)】
 町では、なお一層「自主防災組織」の立ち上げ又は、防災活動の促進を図るため、平成29年度より「五城目町自主防災組織等活動支援助成金(2万円)」を用意しております。これから「自主防災組織」を立ち上げたい又は、立ち上げ後の防災活動を継続実施したいが、経費負担が町内会費では難しいなどございましたら、本助成金をご活用ください。
 ※以下の「関連コンテンツ」を参照。 

令和元年6月2日(日)中村自主防災会

 中村町内会では、H30年度に自主防災組織を立ち上げ、毎年1回程度防災活動を実施しております。今年度は、バスを貸し切って由利本荘市の消防学校に併設されている「防災学習館」にいって、地震体験や建物で火事にあった際の避難の方法などについて学んできました。
地震体験 集合写真

令和元年6月23日(日)内川地区婦人会&内川地区トータルケアサポート委員会

 内川地区の2団体合同による防災学習会が内川地区公民館で開催されました。昨年度から、各町内会の防災意識の高揚のため取り入れている災害図上訓練(DIG「ディグ」)を実施しました。参加者が実際に住む住宅地図上に、危険個所や要配慮者などの情報を書き込み、自分の住んでいる地域で実際に心配される災害、被害を想定し、災害時の対応、平常時からできることなどを参加者同士で話し合い、情報を共有しました。
 また、自主防災組織育成リーダーの金子リーダーからアルファ化米による炊き出しの指導をうけ、昼食として試食し有意義な学習会となりました。
全景 DIG 炊き出し

令和元年7月21日(日)湯ノ又町内自主防災会

 平成28年度より毎年開催されている湯ノ又町内での防災訓練が、今年も早朝5時に実施されました。本訓練では前述の「五城目町自主防災組織等活動支援助成金(2万円)」を活用、また「平成28年度コミュニティ助成事業(地域防災組織育成助成事業30~200万円)」で購入した、テントや発電機などの操作訓練も合わせて実施されました。※令和2年度の「コミュニティ助成事業」については、令和元年8月号町広報17ページをご覧ください。
開会式 炊き出し 各種訓練

令和元年7月27日(土)東磯ノ目自主防災会

 東磯ノ目で7月末恒例の防災訓練が行われました。本町内の防災訓練の特徴は、恒例の納涼祭と一緒に防災訓練を実施することで、子供から高齢者まで数多くの町内会員が参加していることです。日が落ちてからは、町から借用した発電機、投光器で盆踊りを盛大に開催し、住民同士のコミュニケーションを図りました。
簡易担架 ハイブリット車 炊き出し

令和元年7月28日(日)雀舘自主防災会

 自主防災組織立上げ以来、初めてとなる防災訓練が雀舘町内会で開催されました。公民館に集合した町内会員が消防署の指導による消火訓練や、自主防災組織育成リーダーによる防災講話、カレーの炊き出し訓練などを行いました。
消火訓練 防災講話 炊き出し

令和元年7月28日(日)上山内自主防災会

 上山内町内会初となる本格的な防災訓練が開催されました。様々な訓練を実施しましたが、大規模災害でガスも使えないという状況を想定し、外で昼食を野外調理(炊き出し訓練)しました。炊き出し訓練は、子ども会が担当し昼食めがけてカレーを調理、また、県備蓄品のアルファ化米をお湯でもどしてご飯を作りました。子どもから高齢者まで、多くの町内会員が参加し、世代間の交流も図られ、コミュニティ力の強化・防災意識の高揚を図ることができました。
炊き出し 消防車 配付訓練
このページに関するお問い合わせ先

五城目町役場 住民生活課 住民生活係
TEL 018-852-5112
FAX 018-852-5367
〒018-1792 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目1-1

ページ上部へ